FPウレタンパネル専門店

 〜弊社はお客様の大切な住宅(資産)を長く守り、
  安心して快適かつ経済的に住んでいただける為、
  断熱材にこだわります〜

FPの家

寒さに耐えつつ長い冬を過ごしてきた北海道の先人達。
そんな北国で今から30年以上前に社会問題となった「壁内結露」への対策として学んだ結果生まれたのが「FPの家」です。
当時の住宅が抱えていた問題点を少しでも解決したい、一生に一度とされる「家づくり」で後悔されるような器を提供できない。という思いからでした。
さらに「お客様が長く快適に住み続けられる高品質な物を」という思いが加わり理想の断熱構造として、導き出した答えが「断熱材のパネル化」でした。
断熱材を一枚一枚丁寧にパネルに充填すれば、結露の原因となる隙間を埋め、年月を重ねてもずり落ちることを少しでも防ぐことができる。
「ウレタンでパネルを作ろう」前代未聞の挑戦が始まりました。
1985年、ようやく日本初となる住宅用ウレタン注入発泡方式によるパネル生産が始まり「FPの家」が誕生しました。

津軽の冬は長く、1年のうち約6カ月は、平均気温10度以下になります。
また夏の最高気温は30度を超えることも珍しくなくなりました。
1年を通じて快適な環境を保つためには、より優れた断熱性と気密性を発揮する「FPの家」がこのエリアには最適な住宅だと思っております。

※FPとはオリジナルフレーム(Frame)&ウレタンパネル(Panel)の略語です。

現場ドキュメント『FPの家』強さのヒミツ

地震に強い家「FPの家」耐震性能の実証

「FPの家」工場紹介